古物商とは


古物とは「一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品、又はこれらのものに幾分の手入れをした物品」のことを指します。

 

古物を取り扱う営業を「古物営業」と呼び、以下の3種類があります。

 

 

 古物の「売買」,「交換」,「委託を受けて売買」,「委託を受けて交換」を

  行う営業

 

  ⇒ 古物商

 

 

 古物商間の古物の売買又は交換のための市場(古物市場)を経営する営業

 

  ⇒ 古物市場主

 

 

 古物の売買をしようとする者のあっせんをインターネット上で競りの方法

  により行う営業

 

   古物競りあっせん業者

 

 

 

古物市場主は市場を開設する方、古物競りあっせん業者インターネットオークションサイトの運営者のことです。

 

 

一般的なリサイクルショップを経営する場合はの「古物商」に該当します。

古物商許可が必要なケースと不要なケース


古物を取り引きする場合でも古物商許可が必要な場合とそうでない場合があります。

 

 ( 詳細は下記リンクをご参照願います。)

 

≫≫≫ 古物商許可が必要な場合と不要な場合

 

古物の種類


古物の種類は法令で以下の13種類に分類されています。

 

古物商古物市場主の申請の際は取り扱う古物の種類を定めなければなりません。

 

営業する際に取り扱う予定の古物を法定の13種類の中から選択して申請することになります。

東京都 古物商許可申請 古物商の種類

古物商許可申請をする際の取扱い品目について


古物商古物市場主の申請の際は取り扱う古物の種類を定めなければなりません。

 

営業する際に取り扱う予定の古物を法定の13種類の中から選択して申請することになります。

 

取り扱う品目」として申請しなかったもの営業開始後に取り扱うことができません

 

 

申請書の「主として取り扱おうとする古物の区分」の欄は該当する品目に○をつける形式なので、全部に○を付ければよさそうに思ってしまいます。

 

 

ところが、この中には取り扱うためには通常の要件以外に整えなければならない要件が必要な品目があります。

 

 

例えば自動車を取り扱おうとする場合は自動車を保管できるスペースを確保しなければ古物営業の許可は取れないでしょう。

 

 

そのほか真贋を見抜く鑑識眼や経験を問われる品目もあります。

 

 

そのため、最初の申請の時には、「この品目は扱うことになるだろう」と思われるものだけにすることをお勧めします。

 

 

取り扱う品目を追加するためには「変更届」を提出しなければなりません。

 

 

しかし、なんとなく扱いそうだからというだけで追加した品目のために、余計な設備を備えることになる、場合によっては許可が取れなくなる、などの危険があることを考えると、最初の申請の時には必要な品目だけに絞ることをお勧めします。

古物商許可申請についてさらに詳しく


サービス提供エリア


サービス提供地域

東京都23区と周辺地域

 

東京都市部、神奈川県、千葉県、埼玉県など首都圏近郊

 

※ 上記地域以外でもできるかぎり対応いたしますが、

  交通費などをご負担いただく場合がございます。


メールマガジンを発行しています。

ご興味のある方はぜひご登録ください!

 

http://www.mag2.com/m/0001639706.html

 

※ 購読は無料です。

「まぐまぐ」を利用して発行しています。

お役に立てるよう頑張ります!