事務所概要


事務所名

行政書士大竹まさふみ事務所(旧むさし労務行政書士事務所)

代  表

大竹 真史

所 在 地

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2階

営業時間

平日 9:54 - 19:14
※ 事前にご連絡いただければ時間外でも対応します。

休 業 日

土曜日、日曜日、祝日
※ 事前にご連絡いただければ休業日でも対応します。


サービス提供エリア


サービス提供地域

東京都23区と周辺地域

 

東京都市部、神奈川県、千葉県、埼玉県など首都圏近郊

 

※ 上記地域以外でもできるかぎり対応いたしますが、

  交通費などをご負担いただく場合がございます。


代表者のプロフィール


1996年 中央大学法学部法律学科卒業
2013年 行政書士、社会保険労務士 開業

                  申請取次行政書士として東京入国管理局に届出

2015年 特定社会保険労務士として付記登録


 東京都行政書士会会員
 東京都社会保険労務士会会員

趣味 : 旅行、ドライブ、音楽鑑賞、スポーツ観戦(特に野球)、

     歴史、地理(地図を見る)、古城・城址めぐり、

     食べ歩き(B級グルメなど)


社会保険労務士・行政書士事務所でお世話になった後、民間企業の人事・総務部門で働いたこともあります。ご依頼いただいた方の立場に寄り添ってお手伝いさせていただこうと考えております。

 

FacebookやTwitterもご覧いただけると幸いです。下のリンクボタンからアクセスしてください。

役に立たぬをせざる事 - 宮本武蔵 『 五輪書 』より


表題の言葉は、かの剣豪 「 宮本武蔵 」 が著したとされる 「 五輪書 」 の 「 地の巻 」 にある兵法の道を極めるための日々の心得を表した九ヶ条のうちの第九条です。現代風に言うと 「 無駄なことに心身を消耗させない事 」 を心がけて日々生活せよと言っているそうです。これだけだと誤解されることもあるかと思いますが、武蔵の真意は 「 自分の身は有限であるから、自分にとって役に立たないことをして心身を消耗させないほうが良い 」 ということにあるそうです。

東京都千葉県埼玉県許可申請認可申請 許可申請認可申請トップページ 五輪書

官公庁の許可や認可を受けて新規に業務を始めようとする方や既に行われている業務のために許可を取ろうとされる方にとって許可・認可を取得するための書類作成などは本業とは畑違いの業務であることが多いと思います。本業で疲れて帰宅して、夕食を取った後に寝る時間を削って書類を作成する。慣れていないからいろいろ調べたり勉強したりしながらやらなければならない。当然ミスすることもあるでしょうし、疲れもたまります。書類を作り直すたびに仕事の合間を縫って何度も役所に足を運ぶことになるかもしれません。そうなると本業にも支障をきたしてしまいます。

ここで上記の宮本武蔵の言葉を思い出してください。このケースに当てはめると、「 身は有限である 」 つまり自分の労力や自分に与えられた時間は有限だから、「 役に立たぬ 」 つまり本業以外の事に貴重な時間や労力を費やさないように心がけたほうが良い、ということになろうかと思います。

武蔵は同じ九ヶ条の中で 「 諸職の道を知る事 」 ( 「 自分の職能だけではなく他の多くの職能を知るように心がけること 」 ) とも言っていますが、そのうえで自分の身は有限だから 「 役に立たぬ 」 をしないようにすべきだ(本業以外のことにはできるだけ手を出さない方がよい)と言っているのです。

私も 「 お客様の有限な経営資源を有効活用するお手伝いをさせていただく 」 という考えに基づいて仕事に取り組んでまいります。

メールマガジンを発行しています。

ご興味のある方はぜひご登録ください!

 

http://www.mag2.com/m/0001639706.html

 

※ 購読は無料です。

「まぐまぐ」を利用して発行しています。

お役に立てるよう頑張ります!